りんごで出来るワキガ・加齢臭対策

ワキガ

割と手軽に手に入り、

家で簡単に行えて、

ワキガ臭を抑える効果があると報告されているのが

リンゴです。

体内のタンパク質の一種である「アポタンパク」という物質の生成を抑えることで、ワキガ臭を防ぐことが出来るという報告がされています。

このアポタンパクを減らす働きを持っているのが、リンゴの繊維質だと言われているのです。

また、中高年になって動脈硬化が進むと加齢臭が強くなりますが、
リンゴの繊維はこの動脈硬化を改善させる働きも併せ持っています。

リンゴは、加齢臭予防にも有効というわけです。

今回は、そのリンゴを使ったニオイ対策方法をご紹介します。

リンゴを使ったニオイ対策

リンゴ湿布

1.リンゴ一個分をすりおろし、ガーゼで絞る
2.絞ったかすを布に包み、わきに当てる
リンゴの搾りかすを患部に湿布することで、肌に浸透させて効果を得る方法です。すり下ろしたリンゴは傷みやすいので、作り置きは控えましょう

リンゴ酢

1.口の広いビンに酢とリンゴを入れる
2.涼しいところに3~4週間保管酢が茶色くなってきたら完成です。

果実酢として飲むだけでなく、ドレッシングなど、料理にも活用できます

まとめ

ワキガを手術以外で完治させるのは難しいのですが、こまめなケアでニオイを軽減させることは可能です。ワキガ対策用の制汗剤やクリームを一緒に使ったり、食べ物に気を付けるなど、体内から改善するのも大切です。