口臭対策は、まずニオイの原因を絞ることから

口臭

自分の口臭や体臭には、なかなか気づきにくいものです。
職場や学校で、向かい合って話していた相手がふいに顔をしかめたり、
ちょっと距離を取られたら、

もしかして私、臭いのかな!?

とあせってしまいますよね。

口臭が発生する原因

口臭の原因には、生活習慣によるものの他、内臓の疾患が原因のことがあります。
自分の口臭の原因が、どの理由によるものなのか知ることで、改善方法の選択がしやすくなるでしょう。

口臭の原因
・唾液の分泌量が少ない
・歯磨きを怠ったことによる歯垢や歯石
・食生活の偏りによる、雑菌の繁殖
・内臓の病気
など

口臭のセルフチェックの仕方

1.ティッシュに唾液を付ける
2.ティッシュなどを四角く折って、舌で舐める
3.ティッシュのニオイを嗅ぐ

一度体内から離れたニオイは客観的に感じることができるため
自分の口内がどんなニオイがするのか知るのに良い方法です。

口臭チェックリスト

朝食を抜くことが多い
食事をとらないと唾液の分泌が悪くなる。

よくかまないで食べる
食べかすが口の中に残りやすく、消化も悪い。

硬いものより柔らかいものが好き
奥歯でものを噛むと唾液を分泌がしやすい。

緑茶や紅茶よりコーヒーが好き
口内のpH値が酸性になり、細菌が繁殖しやすい状態に。
空腹時に飲むと特に口臭が強くなる。

※pH値
酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて、酸・アルカリの度合いをその目盛りの数字で表すもの。7より下回ると酸性になる。

水分をあまりとらない
口の中が乾きやすくなる。

気が付くといつも口が開いている
口呼吸になりやすく、口の中が乾きやすくなる。

あまりおしゃべりをしない
おしゃべりをすると唾液を分泌しやすくなる。

一日中エアコンを使っている
自律神経機能が低下し、唾液の分泌が悪くなる。

夜更かしが多い
自律神経の働きが乱れて、唾液の分泌が抑えられる。

ストレスをため込んでいる
自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌が低下。

夏バテしやすい
胃の働きと共に口内の自浄作用が低下し、舌苔が増えて口臭が強くなる。

口の中が乾くと、ニオイ発生の原因に

口の中は、唾液の殺菌力によって雑菌の増加が抑えられ、本来口臭が起こらない仕組みになっています。
唾液中のリゾチームという酵素が、細菌の細胞壁を溶かして破壊してくれるからです。
生き残った雑菌も、唾液と一緒に飲み込まれ、ほとんど胃酸によって死滅します。

朝起きた時に口がにおうのは、寝ている間に唾液の分泌量が減って殺菌力が低下し、
口の中の雑菌が増えるためで、誰にでも起こる現象です。

唾液の分泌が低下したら、口の中の自浄作用が弱まって、
朝以外でも雑菌が増え、口臭の発生に結び付くことになります。

日々の生活や食生活で、唾液の分泌が低下しないよう、心がけましょう。

唾液の分泌を促す生活
朝ご飯をきちんと食べる
たくさん会話して、口を動かす
梅干しを食べる
コーヒーより紅茶や緑茶を飲む
ガムを噛む
など

唾液の分泌を促す食べ物・飲み物

梅醤番茶で寝起きの口の中をスッキリ!

湯呑に梅干しを1つ入れる
醤油を一滴たらす
熱い番茶を注ぐ
冷え性や胃腸の弱い人に特に効果的

糖分の含まれていない、ガムやタブレットを食べる

ガムは唾液の分泌を促進してくれるので、おすすめです。

タブレットもキシリトール入りのものを選べば虫歯予防や初期の虫歯の治療効果も期待できます。

歯磨きをさぼっている人の対策

職場や学校で、昼食後に歯磨きをしている人もいますが、
そこまでは面倒、または会社では歯磨きできないという方は
無理をしてまで実行する必要はないと思います。

朝起きた時と夜食後に、1日2回しっかり磨けばOK!

半年から1年置きに歯医者さんで歯石を取ってもらいましょう。

私の行く歯医者さんでは1回3千円くらいでやってもらえます。

食事が原因の人の対策

食事の内容をみなおす

動物性たんぱく質や、コーヒーには、口臭の元となる菌を発生させる要因があります。

肉が中心の食生活朝ご飯を食べないなど不規則な食生活を送っている人も、注意が必要です。

洋食より和食のほうが、口臭を発生させる菌を分解したり、
抗酸化作用のある食材が多く含まれているのでおすすめです。

朝食を食べる時間のない人は、
梅干しを一個食べるだけでも、殺菌効果が期待できます。

緑茶、ウーロン茶、紅茶を飲もう

カテキンには体内でニオイ物質が作られる過程でストップをかける働きがあるうえ、抗菌作用も強いため、口の中の雑菌を殺す効果が大きいといいます。

フラボノイドにも消臭効果がある

口臭の原因が虫歯や歯周病の場合には、ウーロン茶がおすすめです。
ウーロン茶には虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれているからです。

その他の対策

おしゃべりをする
唾液の分泌を盛んにするのが最も効果的。
おしゃべりをして、唾液の分泌を促そう!

飲むとバラの香りがする食品
抗酸化作用のあるビタミンや腸内細菌のバランスを整えるオリゴ糖が配合されているものが、口臭に対して効果が期待できます。

ストレスが原因の人

ストレスは胃腸系の病気を発生させやすいため、
口臭を気にしすぎるのもよくないです。

自分は臭くて周りに迷惑をかけてるんじゃないかな

など
考えすぎると余計ストレスが溜まります。

人と対峙すると緊張してしまい、口の中が乾き、
余計に口臭の原因を作るという悪循環。

あまり考えすぎないか、専門医に相談してみましょう。

病気が原因かもしれない人

病気の疑いがある場合は、専門医に相談することをおすすめします。

抵抗がある人は、歯医者さんで口臭の原因を診てくれるところがあるので
近所で探してみてください。

まとめ

セルフチェックであてはまる内容はありましたか?

原因によってはすぐに対策するのが難しいものもありますが、
口の中で舌をグルグル回したり、鼻呼吸を意識したりするだけで
唾液の分泌を促すことができるので、ぜひ試してみてください。

健康食品は補助的なもの。
健康な食生活を送ることが口臭・体臭予防の本質です。
まずはできることから始めてみたら良いと思います。