口臭セルフチェック。ニオイが発生する原因を知ろう

口臭

口の中は、唾液の殺菌力によって雑菌の増加が抑えられ、
本当なら口臭が起こらない仕組みになっています。

唾液中のリゾチームという酵素が、細菌の細胞壁を溶かして破壊し、
生き残った雑菌も、唾液と一緒に飲み込まれ、ほとんど胃酸によって死滅します。

でもニオウのは何故なのか…

このページでは、口臭を発生させる生活習慣のセルフチェックをしてきましょう。

まずはチェックシートで自己診断

口臭がにおう原因1 唾液の分泌量が減る

唾液の分泌が低下すると、口の中の自浄作用が弱まってしまい、
雑菌が増え、口臭が発生する原因となります。

寝ている間は唾液の分泌量が減って殺菌力が低下します。

唾液の分泌が促進されないと、口内の雑菌はなかなか減らないため、
緊張して口が乾いたり、食事をとらずにいると、ニオイがきつくなっていきます。

唾液が減ってニオイが発生する時
朝起きた時
口やのどの渇きを感じた時、空腹時
ストレスがかかって緊張した時
食生活の乱れ。朝食を抜く、食事が不規則

口臭がにおう原因2 口内や体内が酸性に傾く

体内環境を弱アルカリ性に保つことが、口臭・体臭を防ぐポイントです。

好き嫌いが多く、バランスの悪い食生活を送っていたり、
アルコールやたばこの摂取量が多いと、
口臭や体臭に大きな影響が出ます。

口内や体内が酸性に傾くと、口臭・体臭が強くなるばかりか、さまざまな内臓疾患の原因にもなります。

体内環境が酸性に傾く人の傾向
好き嫌いが多い
食生活のバランスが悪い
アルコール・たばこの摂取量が多い

口臭がにおう原因3 歯についた歯垢(プラーク)

ニオイの下は歯についた歯垢(プラーク)。
プラークとは、歯の表面に付着する白くて柔らかい沈着物のことで、
口の中の食べかすをエサにして増殖した細菌の塊です。

歯磨きせず放置しておくと、
歯垢は唾液に含まれるカルシウムを吸着して、
たったの2日程度で石灰化→歯石へと変化します。

歯垢や歯石は、口臭を発生させるだけでなく、
虫歯・歯周病の原因であるため、悪いことずくめです。

口臭がにおう原因4 虫歯がある

虫歯は硫黄(いおう)のような特有のニオイを発生させます。

義歯も日々の手入れを怠るとニオイ発生の原因になります。
特にプラスティックなどの樹脂製の義歯は、
長期間使用すると変形・変色したり、唾液やその他の成分が内部に浸透して
異臭が発生することがあります。

プラスティックの義歯のニオイを感じたら、
作り直すかセラミック製のものに変更をおすすめします。

まとめ

「もしかしたら自分は口臭がするのかも…」

と気づけたことは、大きな前進です。

日々の生活習慣を、少しずつ改善して、
ニオイの元を少しずつ減らしていけるといいですね!