デオシークとクリアネオの体臭別おすすめ度比較

体臭対策グッズ

デオシークとクリアネオのデオドラントクリームは、どっちが自分に合うのかな?

高い買い物だから、失敗したくないよね。

人気のデオドラント商品、デオシーククリアネオは比較されることが多い商品です。

市販のデオドラント商品が効かず、ネット販売の体臭対策商品を検討するとき、
指針にするものはなんでしょうか?

口コミは効果があった人となかった人が同じ数だけあったりして、
結局自分で試してみないとわからないなぁ…という結論になりそうですね。

今回は、自分にも効果があるかもと、納得してから商品購入に踏み切れるように、
成分や価格を中心に、デオシークとクリアネオのお悩み別の比較をしたいと思います。

デオドラントクリーム

デオドラントクリームの全成分を比較した時、
クリアネオは58、デオシークは61成分あります。

その内、同じ成分が38もあるんです!

同じ効果を期待したクリームだから、成分は似てくるんだね

なので、その他の成分が、比較の対象です。

ふたつのクリームに配合されている成分が、どの悩みに期待できるのかを比較してみました。

発汗を抑える成分はクリアネオが多め

汗腺を引き締めたり、フタをすることが、発汗を抑えるためのアプローチです。
この収れん作用への有効成分の種類がより多めに含まれているのはクリアネオでした。
収れん作用をざっくり説明
汗腺を引き締め、発汗抑制する

ワキガ・汗のニオイを抑えるのはデオシークがやや有利?


汗やワキガのニオイは、汗腺から出る分泌物が菌と混ざり、繁殖することで発生します。
そのため大事なのは清潔に保つこと・菌を繁殖させない事です。

この悪い菌に有効な成分は、デオドラント系商品のキモなので、当然どちらの商品も使用しています。
デオシークリームの詳細(公式)
クリアネオリームの詳細(公式)

クリームでワキガは治るの?

残念ながら、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は、手術で無くさないと根本的な解決にはなりません。

ですが、アポクリン汗腺からの分泌物が、菌を繁殖させないよう気を付ければニオイを抑えることはできます。
殺菌効果のあるデオドラントクリームは、その意味では有効だと思います。

クリアネオ公式ページ「わきが手術をしなくてもわきが臭は抑えることが出来るんです!」

加齢臭にはデオシークが有利

加齢臭の原因は過酸化脂質と脂肪酸が結びつくことによって分解・酸化されて出来る
ノネナールという物質です。

年齢を重ねると、パルミトオレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加するため、
抗酸化作用のある成分が効果を期待できます。

デオシークには、抗酸化作用のある柑橘系エキスが豊富に含まれているため、
加齢臭を抑えるのに役立ちそうです。
(デオシーク公式ページ)加齢臭対策について

ボディソープ


クリアネオボディソープとデオシークボディソープ、
有効成分の2種は、どちらも

グリチルリチン酸ジカリウム
イソプロピルメチルフェノール

です。

グリチルリチン酸ジカリウムは、殺菌効果で雑菌の繁殖を抑え、肌コンディショニングを整えます。
イソプロピルメチルフェノールは、皮膚の雑菌を無くし、嫌なにおいの発生を抑えます。

ニキビケア用品などにも配合される、高い効果が期待できる成分です。

この時点で、どちらのボディソープも期待できると思いますが、
今回は比較なので、その他で配合されている主な成分の
配合目的をみてみようと思います。

クリアネオには、2種類のボディソープが用意されているのがやや有利。
クリアネオパールは、殺菌・抗酸化作用のあるシメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)などが配合されていますが、
どちらかといえば美肌・保湿効果の期待できる成分が豊富に含まれている、女性ユーザーを意識したボディソープです。

それぞれ、男性用、女性用という感じで広告されていますが、
決まっているわけではないので、好きな方でOKだと思います。

クリアネオボディソープ(パール)をチェック
クリアネオボディソープをチェック

価格対決


価格はクリアネオが若干お高め。

配合されている成分の量から考えると、クリアネオの方が高いのも仕方ないのかなと思えます。
ただ、種類が多い事が、そのまま効果に反映されるわけではないので、
得たい効果の成分が、どのくらい配合されているかも、商品選びのポイントになりますね。

まとめ

成分の比較から、自分に合いそうなのは、どちらの商品でしたか?

デオシークもクリアネオも、定期販売の回数縛りはなく、返金保証もありますので
両方試して、自分に合う方を継続してみても良いと思います。

※返金時の送料は自己負担となりますので確認の上購入してください。